馬たちとの”新しい時代”

馬と人がもっと繋がった社会へ

なんで、動物 ? part 1 -始まり

 

 

なぜ、ホースセラピーに興味を持ったか

 

 

 

 

なぜ、動物にそんなに執着するのか

 

 

 

 

 

これを何編かに分けて

文にしようと思いますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは全ての始まり......

 

 

 

 

 

 

そこからお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このホースセラピーは、

 

いろんなわたしの思いが

 

 

 

重なって

 

 

今まで勉強してきたことや

やってきたことが

 

 

 

 

? (はてな)

 

 

 

 

から

 

 

!(ビックリマーク)

 

 

 

 

に変わったのです。

 

 

 

——————————————————

 

 

 

 

実は高校生の時、

 

 

24時間テレビをたまたまみていて、

本当にたまたまです。

 

 

 

 

 

そこには4歳で亡くなった、月乃ちゃんという女の子のストーリーが流されていました。

 

 

 

 

 

難病、

 

小児脳幹グリオーマ

 

 

 

脳の中心にあって、小さな子供は特に

 

 

治療が難しい

 

 

と言われている病と、

 

 

 

小さいながらにして一生懸命戦っていたのです。

 

 

 

 

 

 

結果としては、4歳というものすごく短い年数で

 

 

 

 

命を終えてしまったのですが、

 

 

 

 

 

親御さんの意思もあって、24時間テレビに出たことで

 

 

 

 

 

 

 

このように、わたしのような他人にまで

 

 

 

 

 

こんなストーリーが届いたのです。

 

 

 

 

 

 

その時わたしはまだ高校1年生。

 

 

 

 

 

でも、15歳まで生きていた自分に同時に驚いて、

 

 

 

 

私にも何かできたら良かったのに。

 

 

 

 

と思いました。

 

 

 

 

月乃ちゃんの笑顔ってものすごく素敵で、

 

 

いつもこの話をするときに思い出します。

 

 

 

 

 

それで、すごいパワーを感じる。

 

 

 

 

 

 

だから、彼女の死を無駄にしないように

 

 

 

親御さんの勇気を無駄にしないように

 

 

 

 

 

 

私は、その時の衝撃と気持ちとを

 

 

 

 

ずっと忘れないで、

 

 

 

 

そして、未来で何かの形で

 

 

残していけたら。

 

 

変えていけたら。

 

 

 

 

そう思いました。

 

 

 

多分彼女はそれを私だけではなく

 

 

 

 

いろんな人に伝えるために

 

 

 

素敵な笑顔を持っていたんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、彼女をキッカケに

 

 

 

 

 

「私にも 難病や 治療法がないもので苦しむ人たちをどうにか助けたい」

 

 

 

 

 

という気持ちがその時から湧き始めました。

 

 

 

 

なぜだかはわかりません。

 

 

 

 

 

月ちゃんのこともあるし、

 

 

 

何より、自分が 

 

 

治療できないような

 

 

 

 

 

いじめ

 

 

 

とか

 

 

不安や、他者との違い

 

 

 

 

そんな見えないもので

 

たくさん苦しんできたから

 

 

というのもあったと思います。

 

 

 

 

それと同時に、それでも自分は高校生として生きている。

 

 

 

 

彼女は、生きたくても生きられなかった。

 

 

 

 

 

だから、私がそれを無駄にしたくない。

 

 

 

 

 

そう思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

単純に、

 

 

 

 

医者になろう!

というのは難しくて

 

 

 

 

 

私は頭もそんなに良くないし

死体や血が見るのは怖いなぁ....

 

 

医学部には入れない💦

 

 

 

 

 

とあっさり医者は諦めたのです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 そして、研究をする道を

 

 

なんとな〜く想像して

 

 

 

追いかけていた。

 

 

 

自分の中でも、

 

 

そんな知らない女の子をキッカケに

 

 

って思われるだろうな、

 

 

綺麗事だ!とか

 

 

 

 

そんな、よくあるやつじゃない、

 

あの人の死を無駄にしないように

私は医者になってその病気治したいとか

 

 

よくいるじゃない。

 

 

 

 

って思われるかもしれない。

 

 

 

 

まぁそれは仕方ないし、

 

別になにも言いません笑

 

 

 

 

 

でも、本当に、人の想いって

 

 

 

 

人の人生を変えるんだな、

 

 

 

考え方を変えるんだな、

 

 

 

 

というのは

むしろわかっていただきたいところ。

 

 

 

 

 

そのくらい私にとっては衝撃的で、

 

 

印象的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、話を戻すと.....

 

 

研究者になるつもりで

 

 

 

大学受験を受けた。

 

 

 

 

でも落ちた。

 

 

 

 

 

思ったような結果は出なかった。

 

 

 

 

 

今になってみるとそれも

 

 

 

いい経験であり

 

 

 

 

?が!に変わる道の途中であったから仕方ないのだけど。

 

 

 

 

 

 

だから、大学は

 

 

想像していたような

 

 

医療、とか難病とか

 

 

 

研究からは全く離れてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

浪人する覚悟もなくて、

 

 

理系から文系に文転してた。

 

 

 

 

 

 

そこで、

 

 

自分にとって何か ワッ!

 

と向き合えたものが

 

 

一瞬で消えてしまったような気がして

 

 

 

 

 

しばらくどうしたらいいのかわからなかった。

 

 

 

 

 

 

正直大学生活は、

 

 

 

 

友達と楽しんで

 

 

 

とりあえず単位が取れればいいや、

 

 

 

 

 

そんなふうに思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、高校生の時に

 

 

 

 

イオンモールでくじを引いたら

 

 

 

 

乗馬体験チケット

 

 

 

 

をもらって、

 

 

 

 

 

もともと乗ってみたかったから

 

 

 

 

行ったんです。

 

 

 

 

 

 

クラブは高すぎて入れなかったんだけれど、

 

 

 

 

 

 

それがきっかけですごく乗馬したくて.....

 

 

 

 

 

 

それで、

行った大学に、馬術部があったから

 

 

入ったんです。

 

 

 

 

 

もともと動物好きだったのもあって

 

 

 

 

 

厩舎に行って馬を目の前にした瞬間

 

 

 

 

 

「私は入部する!!🤩」

 

 

 

 

と決めたのです笑

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ、伝説のスピード入部、

 

 

 

見学した翌日に入部決定(新入生入部期限ギリギリだったので)

 

 

 

という謎の行動に出るくらいですので笑

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

 

大学で

勉強する意味がわからなくて

 

 

でもとりあえず

 

 

部活に入ったから毎日忙しい、

 

 

 

そんな日々が始まりました。

 

 

 

 

せっかく

何か向き合えるものがあったのに

 

 

 

 

 

 

私には向いていなかったのかな?

 

 

 

 

 

他人任せにはできないけど

 

 

きっとおんなじような人が

 

 

医者とかで頑張っているだろうから

 

 

 

私なんかが治療法なんて

探せるわけないし

 

 

探さなくていいや

 

 

 

なんて思ってしまっている自分もいました。

 

 

 

 

それが運命なのかな〜

 

 

 

次はなにを追いかければいいんだろう。

 

 

 

 

そんなふうに頭をかかえていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、私はこの後どうする....????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

——————-つづく—————-

 

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとうございます😊

 

 

 

 

 

-Reina