馬たちとの”新しい時代”

馬と人がもっと繋がった社会へ

あなたにしかできないこと

 

 

 

わたしの好きだった

 

 

朝の情報番組の キャラバンコーナー

 

 

 

 

 

そのスタートが

 

 

 

 

ダイスケさんとZIPPEI 

 

 

 

 

 

 

ダイスケさんが旅を通して作った曲は

 

 

 

 

 

 

あなたにしかできないこと

 

 

 

 

 

という曲です。

 

 

 

 

 

 

ほうほう。

 

 

 

 

 

 

 

わたしも色々、馬やホースセラピーや

 

 

 

 

 

仕事のことを考えていて思う

 

 

 

 

 

 

いろんな人がやろうとしてて

 

 

 

 

 

思った以上にいろんな人が

関わっている

 

 

 

 

 

 

でもその中で

 

 

 

自分にしかできないこと

 

 

 

わたしにしかできないこと

 

 

 

 

ってなんだろうと

 

 

 

 

 

 

 

 

大口叩いてるように

聞こえるかもしれませんが

 

 

 

 

 

 

でもきっと人間って

 

 

 

 

 

 

そうではなかったとしても

 

 

 

 

 

わたしにしかこれはできないんだ!

 

 

 

 

 

 

と思って目標に向かう

 

 

 

 

 

そして日々生きる

 

 

 

 

 

自分を肯定したい生き物なんだ

 

 

 

 

 

 

それでこそ

 

 

何億人といる

 

 

 

 

 

この世界で、

 

 

 

 

自分の生き方や生きがいをもって

 

 

 

 

 

「生きる」

 

 

 

 

のだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

人に認められる、

 

 

 

 

 

社会に認められる

 

 

 

 

 

 

 

これって簡単なようで難しくて

 

 

 

 

 

 

そして、

 

 

 

くだらないように思えて

 

 

 

 

実は結構大事だったりする

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、

 

 

 

 

あなたにしかできないこと

 

 

 

 

 

わたしにしかできないことをしたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしも、

 

 

 

わたしなりの考えがたくさんあって

 

 

 

 

わたしにしかできない(かもしれない)

ことを

 

 

 

少なくとも

 

 

 

 

発信して

 

 

 

 

もしかしたら仲間ができるかもしれないから

 

 

 

 

 

 

頑張っていこうと思います。

 

 

 

去年までは

 

 

 

 

 

 

どんなにこんな若いわたしが

 

 

 

 

大人に伝えても

 

 

 

伝わらないし

 

 

 

 

馬鹿にされるだけだとか

 

 

 

 

 

 

とても疎外感とやるせなさをかんじていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

最近では

 

 

 

 

 

 

 

応援してるよ、

といってもらえたり

 

 

 

 

 

あなたの考えてること、

 

いいじゃない

 

 

 

頑張りなさい。

 

 

 

 

 

って背中を押してくれる大人も

 

 

 

 

社会にはいるんだなってこと。

 

 

 

 

 

それだけでも嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、もっともっと頑張ろうと

 

 

 

 

そう思ったし

 

 

 

 

 

自分もいつか

 

 

 

 

若い子の

 

背中を押してあげられる

 

 

 

そんな大人になりたいし

 

 

 

 

 

それ以前に自分の背中を

 

 

 

見てもらえるように

 

 

 

 

 

必死に頑張りたい。

 

 

 

 

 

負けたくない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございます。

 

 

読んでくださっているのも

 

実は少なくとも

 

 

 

わたしの背中を押してくださっている

 

 

 

 

ことでもあります。

 

 

 

 

 

ありがたいです。

 

 

 

 

 

 

なので、コメントや意見など、

 

 

 

 

ぜひどんどんお願いしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、

 

続き

 

 

 

 

どんどん書いていきますね。

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっ、

 

それと

 

 

一年半ぶりくらいに

ピザまんとあんまんを食べて

 

 

 

 

 

 

ホッとしています。笑

 

 

 

 

 

 

でも、なんでこしあんまんが

 

 

ゴマ風味なのか

 

 

いまだに納得いかなくて

 

 

 

 

ファミマの普通のこしあんがないのが

ものすごく悲しいですが......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談はここまでにしておいて........

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!

 

 

 

 

-Reina

なんで、動物? -part2

 

こんにちは。

 

ブログを開いていただき、ありがとうございます😊

 

 

もしpart 1を読んでいなければ、

そちらを先に読んでみてください🐴

 

 

 

 

 

 

?(はてな)

 

から

 

 

 

 

!(ビックリマーク)

 

 

 

 

 

 

 

変わるお話。

 

 

 

 

 

——————————————————

 

 

前回のお話で、私は

 

 

 

 

難病や、手術、

薬等で治せないものを治したい

 

 

 

 

そんな思いとは裏腹に

 

 

 

 

 

 

現実はそこから私を引き離した

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな状況に追い込まれました。

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、

 

大学生活で唯一没頭できたのが、

 

部活。

 

 

 

 

 

即入部決定した、

 

 

 

 

 

馬術部」

 

 

 

 

 

でした。

 

 

 

 

 

 

 

なにも知らないで入った

 

 

 

うま

 

 

 

 

の世界。

 

 

 

 

 

 

 

なにも知らないところから、

 

 

 

 

 

馬のお世話や、乗り方の基礎

 

 

 

 

 

 

様々なことを 何年にも通して

 

 

 

 

学びました。

 

 

 

 

 

 

そして、殆どの学生生活が

 

 

 

 

 

 

ウマ🐴

 

 

 

 

 

 

に注がれていた

 

 

 

 

1年生の終わり頃の春です。

 

 

 

 

 

 

 

その出会いはやってきました。

 

 

 

 

 

 

たまたま部活の関係で

 

 

 

 

仲良くさせていただいていた

 

矢板にある乗馬クラブ。

 

 

 

 

 

 

そこで、初めて行った日に、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厩舎の奥にひっそりと佇む、

 

 

 

 

 

 

 

小柄な茶色のお馬さんに

 

 

 

 

 

 

わたしは一目惚れしました。

 

 

 

 

 

「ものすごくかわいい瞳。」

 

 

 

 

 

ここまでで、

何十頭の馬にあってきたけれど

 

 

 

 

 

 

 

 

私は今でも、

この子に出会った日のことは

忘れられません。

 

 

 

 

 

 

びくびくしていて、

 

 

 

 

でもそれでも、私に興味を示して

寄ってくる。

 

 

 

 

 

とても惹かれて、

 

 

私はクラブの人にその馬のことを聞いたんです。

 

 

 

 

 

 

あの子って、何歳ですか?

 

 

 

 

 

 

するとなんと、

 

 

 

その子は、約2、3日前に

 

 

 

 

 

来たばっかりだったのです。

 

 

 

 

 

 

そして3歳。

 

 

 

 

 

 

女の子。(一目で女の子とわかった!)

 

 

 

 

 

 

 

私は本当に何かの縁だと思いました。

 

 

 

 

 

ブログにこうやって書くと、

 

 

 

 

 

なんだか本当に話を盛っているように

聞こえますが

 

 

 

 

 

本当に

 

 

 

 

 

 

 

人生の出会いの中でも

 

 

 

 

 

 

あの日は印象に残る出会いの一場面でした。(日付まで覚えている笑)

 

 

 

 

 

 

で、その馬の話を

根掘り葉掘り聞く私。

 

 

 

 

 

初めてあった人に(クラブのオーナーさん)

 

 

 

初めてみた馬のことを

 

 

 

バンバン聞きます笑

 

 

 

 

 

 

きっとあの時、この子はなに考えてるんだろうか、

 

 

不思議なやつだな笑

 

 

 

 

 

と思われたと思います笑

 

 

 

 

 

その想いもあってか、

 

クラブの方はこんな私の思いを少し受け取ってくれたようにも思います。

 

 

 

 

 

 

“すごく好き、気に入った。”

 

 

 

 

もちろんこれが第一印象、

 

 

 

 

大きな気持ちでした。

 

 

 

 

 

 

 

でも、この馬が

 

 

 

 

その場所になぜ、どうして?

 

 

 

いたのかを知って

 

 

 

 

 

 

思いは突然大きくなります。

 

 

 

 

 

涙が止まりませんでした。

 

 

 

———————————-

 

 

 

あの子は元競走馬🐎

 

 

 

 

そうです。

 

みなさんが馬、

 

 

 

と言ったら

一番に思い浮かべるであろう、

 

 

 

 

 

あの芝生を駆け抜けたりする

 

 

ダービー🏇 です。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、実は

 

 

 

あのウマは

 

 

 

 

 

つい数日前まで

 

 

 

お肉屋さん👨🏼‍🍳

 

 

 

 

 

のところにいて、

 

 

 

 

 

あとちょっとのところで

 

 

 

 

解体されるはず、だったのです。

 

 

 

 

 

 

 

彼女に思い入れがあって、

 

 

 

そのお肉屋さんから、

 

 

 

必死の思いで救い出した方がいました。

 

 

 

 

 

救うだけでは、今後の飼育や環境など、

 

 

 

 

たくさん課題がついて回って来ます

 

 

 

だから、元競走馬を

引き取るなんて、

 

 

綺麗事だとか

 

 

 

 

無責任だ

 

 

 

 

という人もいます。

 

 

 

 

 

そして、現に、

 

 

 

引き取った後は、お金の問題で

 

 

 

預かってもらっているクラブの方に

 

 

 

 

お世話をお任せしているような部分がありました。

 

 

 

 

 

 

ここはあまりプライバシーの問題で

細かくは説明できませんが

 

 

 

 

 

大変である事実を隠したくないので

 

 

 

 

 

 

ここであえてこう説明させていただきました。ご理解ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも本当に 馬一頭育てるだけでも

 

 

 

ものすごくお金と労力がかかる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それに、お金があって、餌あげて、

 

 

 

運動とにかくさせれば

 

 

 

お肉になるより幸せだったかなんて

 

 

 

それは違う。

 

 

 

 

 

 

馬たちに幸せで充実な生涯を終えてもらわなければ、

 

 

 

 

 

私たちは

 

 

 

 

「金がかかる」

 

「手間暇かかる」

 

 

 

と、むしろ

 

 

 

 

嫌な思いをしながら育てていかなければいけないかもしれない。

 

 

 

 

 

 

嫌な思いをしてまで育てられたいか?

 

 

 

 

(よく、認知症になってまで、子供などに世話されたくないから早く死にたい、なんていうお年寄りいますよね。)

 

 

 

 

 

 

 

全く同じではないけど、

 

 

言葉がわからなくてもやっぱり、

 

 

感情もあるし

 

人間の表現することは

馬にも伝わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長く生きても、

嫌な扱い、辛い扱いをされては、

 

 

元も子もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引き取るだけでは

 

 

 

今後の馬生が幸せになるとは限らない

 

 

 

 

 

 

 

 

ので、そこだけは注意していただきたいです。

 

 

 

 

かわいそうだから、救う

 

 

 

 

では

 

 

社会として

 

 

 

成り立たない部分が出て来てしまうんですね。

 

 

 

 

 

 

でも、お肉屋さんにいて

 

 

 

 

この目の前にいる子が

 

 

 

 

もしかしたら昨日死んでたかもしれない。

 

 

 

 

 

そう考えた時、私は涙が溢れました。

 

 

 

 

 

そして、自分たちの部活にいる馬も

 

 

 

 

 

 

よく考えたら殆どが

 

 

 

 

 

元競走馬

 

 

 

 

 

なんです。

 

 

 

 

 

 

彼らは一生懸命走って来た

 

 

 

 

 

 

 

でも仕事がなくなって、

 

 

 

 

 

 

 

 

私たち馬術部の元へ

 

 

 

 

 

おくられてきたんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本の競走馬の8割以上が

 

 

平均寿命である20歳を迎えられずに

 

 

殺処分

 

 

 

 

という運命を迎えていきます。

 

 

 

 

 

 

また、競走馬になる前から

 

 

 

 

 

仔馬の段階で何か欠点があると

 

 

 

 

その時点で

 

 

 

さようなら、

 

 

 

 

 

 

ということもあるそうです。

 

 

 

 

 

 

私は競馬には反対しません。

 

 

 

 

 

ただこの事実を知った時、

 

 

 

 

あまりにも大きな数字だったので

 

 

 

 

 

 

どうにか変えられないのか?

 

 

 

 

 

と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

目の前で生きているこの馬が

 

 

 

 

 

 

私にとって

 

 

 

何かをくれている

(癒し、ですが後ほどこれは後編で説明します!)

 

 

 

他にもたくさん、

 

 

そんな馬がいるはずなのに、

 

 

 

 

 

人の勝手で

 

 

 

大量に馬を生産して

 

 

 

 

都合のいいように

 

 

 

 

 

いる、いらない!

 

 

 

 

って選別してるのは

 

 

 

 

どうなのかって思った。

 

 

 

 

 

もう少し、

 

 

馬にとっても、私たち人間にとっても

 

 

 

 

お互いが豊かになれる

 

 

 

共生できる、

 

 

 

 

そんな素敵な生き方ってないのかなって

 

 

 

 

思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな時に

 

動物介在療法、

 

 

 

 

 

 

もっと身近な言葉で言えば

 

 

ホースセラピー

 

 

 

 

に出会いました。

 

 

 

 

 

そういう施設に行っていたわけではありませんが

 

 

 

 

 

そういう仕事をするお馬さんたちもいる

 

 

 

 

ということ。

 

 

 

そして日々、色々な悩み事で

苦しんでいた時、

 

 

 

 

毎日そばにいた愛馬たちに

 

 

 

 

癒されていた

 

 

 

 

 

ということを改めて感じたのです。

 

 

 

 

 

馬がいたから頑張れた。

 

 

 

 

馬がいたから大学に通っていた。

 

 

 

 

馬がいたから部活もやめなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、今の私にとっては

 

 

passion(情熱、熱意)なるものを

 

 

 

 

 

 

 

彼らのおかげで見つけられたから

 

 

 

 

 

 

馬がいたから、今までやって来た人生を

 

否定しないで済んだ。

 

 

自己否定感の強い私は特に、

 

 

 

大学でさえ進路に納得できなかった時、

 

 

 

 

 

真面目になにをやっても

 

 

努力というのは必ず

 

 

 

形になるわけではないんだ

 

 

 

って落ち込みました。

 

 

 

 

だから、本当に空っぽだったし

 

 

 

 

 

こんなに馬が自分にとって

 

 

 

 

大きなパーツになってくれたことが

 

 

 

 

 

ある意味私を肯定してくれている、

 

 

 

 

 

そんな気がします。

 

 

 

 

 

こうやって、私はもともとネガティブな性格で

 

 

 

 

そして、親や先生、

 

 

 

周りの大人には特に

 

 

 

悩んでいたり、辛いことを話すのが

 

 

 

 

昔から苦手でした。

 

 

 

 

 

そんな時に、馬たちは、

大きな瞳で見つめて

 

 

 

私のそばに静かにたたずんでいます。

 

 

 

時には、乗馬する事で

 

 

悩み事から気を紛らわせて、

 

 

 

爽快に走ることもできる。

 

 

 

 

動物と一緒に競技をするなんて

 

 

他にはないドキドキで、

 

 

 

競技の時は

 

緊張しやすい私も、

 

 

 

1人じゃない、

おうまさんが一緒に頑張る

 

 

そう考えるだけで

 

 

あ、自分が強くならないと。

 

じゃないと(障害物)跳べない。

 

 

 

 

そうやって、少しずつ、自信を持って

 

 

人馬一体で競技にも挑むことができたのです。

 

 

 

 

 

表現できないし、キリがないけれど、

 

 

 

たくさんの魅力が

 

 

実は馬にはあって、

 

 

 

 

ただ競馬場で走っている

 

 

 

以外にも

 

 

 

実はいろんな存在意義を確立してる

 

 

 

 

お馬さんたちが日本には

 

 

 

そして世界には

 

 

 

もっともっといるってこと。

 

 

 

 

 

ヨーロッパや

アメリカ、

 

 

 

そんな国でたくさんのボランティアとして

 

 

 

そしてもちろん医療として

 

 

 

馬たちが仕事していることに感激し

 

 

 

 

その時私は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これだ!」

 

 

 

 

 

 

 

と確信に変わったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

馬にも、人にも

 

 

 

社会的に いい方向へ導く

 

 

 

ホースセラピー

 

 

 

 

 

 

そしてこれは、

ものすごい可能性を秘めていて、

 

 

 

障害者のため、とよく勘違いされやすいのですが

 

 

 

 

 

わたしが目指しているのは

 

 

社会的、万人のための

 

 

 

動物、そして馬とのふれあい。

 

 

 

 

 

 

精神的な治療、

肉体的治療(麻痺等) 、

先天的なもの(ダウン症など俗にいうしょうがい者)、

 

 

 

これらがメインになるかと思いますが

 

 

 

 

わたしがこのホースセラピーには

 

無限の可能性があると思っています。

 

 

 

 

次のパートでまた詳しく書きますが、

 

 

 

ホースセラピーでこそ、

 

 

わたしがお話しした

 

 

 

「難病など、手術や薬で治せないもの」

 

 

 

 

を助ける手段になり得る

 

 

 

 

 

そう思ったのです。

 

 

 

 

 

だからここでやっと、

 

 

 

 

 

わたしがやるべきであろうことは

何だろう.....

 

 

 

 

という

 

 

 

?(はてな)

 

 

 

 

から、

 

 

これだ!という確信に近い

 

 

 

 

!(びっくりマーク)に変わったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

 

長いストーリーではありますが、

 

 

 

 

 

ホースセラピーに興味を持ち、

 

 

それをまだまだ

マイナーな日本で広めたい

 

 

 

 

 

 

 

 

そう思ったのです。

 

 

 

 

 

 

特に今は、

 

 

去年その思いで

留学したことをきっかけに

 

 

 

 

海外でまず基盤を作り、

 

 

拠点を作り、

 

 

 

わたしにしかできないことをして、

 

 

 

 

日本との架け橋になろう!

 

 

 

 

 

 

と思っています。

 

 

 

 

 

 

 

また、続きますね。

 

 

 

 

 

読んでくださってありがとうございます😊

 

 

 

 

 

-Reina

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで、動物 ? part 1 -始まり

 

 

なぜ、ホースセラピーに興味を持ったか

 

 

 

 

なぜ、動物にそんなに執着するのか

 

 

 

 

 

これを何編かに分けて

文にしようと思いますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは全ての始まり......

 

 

 

 

 

 

そこからお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このホースセラピーは、

 

いろんなわたしの思いが

 

 

 

重なって

 

 

今まで勉強してきたことや

やってきたことが

 

 

 

 

? (はてな)

 

 

 

 

から

 

 

!(ビックリマーク)

 

 

 

 

に変わったのです。

 

 

 

——————————————————

 

 

 

 

実は高校生の時、

 

 

24時間テレビをたまたまみていて、

本当にたまたまです。

 

 

 

 

 

そこには4歳で亡くなった、月乃ちゃんという女の子のストーリーが流されていました。

 

 

 

 

 

難病、

 

小児脳幹グリオーマ

 

 

 

脳の中心にあって、小さな子供は特に

 

 

治療が難しい

 

 

と言われている病と、

 

 

 

小さいながらにして一生懸命戦っていたのです。

 

 

 

 

 

 

結果としては、4歳というものすごく短い年数で

 

 

 

 

命を終えてしまったのですが、

 

 

 

 

 

親御さんの意思もあって、24時間テレビに出たことで

 

 

 

 

 

 

 

このように、わたしのような他人にまで

 

 

 

 

 

こんなストーリーが届いたのです。

 

 

 

 

 

 

その時わたしはまだ高校1年生。

 

 

 

 

 

でも、15歳まで生きていた自分に同時に驚いて、

 

 

 

 

私にも何かできたら良かったのに。

 

 

 

 

と思いました。

 

 

 

 

月乃ちゃんの笑顔ってものすごく素敵で、

 

 

いつもこの話をするときに思い出します。

 

 

 

 

 

それで、すごいパワーを感じる。

 

 

 

 

 

 

だから、彼女の死を無駄にしないように

 

 

 

親御さんの勇気を無駄にしないように

 

 

 

 

 

 

私は、その時の衝撃と気持ちとを

 

 

 

 

ずっと忘れないで、

 

 

 

 

そして、未来で何かの形で

 

 

残していけたら。

 

 

変えていけたら。

 

 

 

 

そう思いました。

 

 

 

多分彼女はそれを私だけではなく

 

 

 

 

いろんな人に伝えるために

 

 

 

素敵な笑顔を持っていたんだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、彼女をキッカケに

 

 

 

 

 

「私にも 難病や 治療法がないもので苦しむ人たちをどうにか助けたい」

 

 

 

 

 

という気持ちがその時から湧き始めました。

 

 

 

 

なぜだかはわかりません。

 

 

 

 

 

月ちゃんのこともあるし、

 

 

 

何より、自分が 

 

 

治療できないような

 

 

 

 

 

いじめ

 

 

 

とか

 

 

不安や、他者との違い

 

 

 

 

そんな見えないもので

 

たくさん苦しんできたから

 

 

というのもあったと思います。

 

 

 

 

それと同時に、それでも自分は高校生として生きている。

 

 

 

 

彼女は、生きたくても生きられなかった。

 

 

 

 

 

だから、私がそれを無駄にしたくない。

 

 

 

 

 

そう思ったんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

単純に、

 

 

 

 

医者になろう!

というのは難しくて

 

 

 

 

 

私は頭もそんなに良くないし

死体や血が見るのは怖いなぁ....

 

 

医学部には入れない💦

 

 

 

 

 

とあっさり医者は諦めたのです。笑

 

 

 

 

 

 

 

 そして、研究をする道を

 

 

なんとな〜く想像して

 

 

 

追いかけていた。

 

 

 

自分の中でも、

 

 

そんな知らない女の子をキッカケに

 

 

って思われるだろうな、

 

 

綺麗事だ!とか

 

 

 

 

そんな、よくあるやつじゃない、

 

あの人の死を無駄にしないように

私は医者になってその病気治したいとか

 

 

よくいるじゃない。

 

 

 

 

って思われるかもしれない。

 

 

 

 

まぁそれは仕方ないし、

 

別になにも言いません笑

 

 

 

 

 

でも、本当に、人の想いって

 

 

 

 

人の人生を変えるんだな、

 

 

 

考え方を変えるんだな、

 

 

 

 

というのは

むしろわかっていただきたいところ。

 

 

 

 

 

そのくらい私にとっては衝撃的で、

 

 

印象的だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただそれだけのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

で、話を戻すと.....

 

 

研究者になるつもりで

 

 

 

大学受験を受けた。

 

 

 

 

でも落ちた。

 

 

 

 

 

思ったような結果は出なかった。

 

 

 

 

 

今になってみるとそれも

 

 

 

いい経験であり

 

 

 

 

?が!に変わる道の途中であったから仕方ないのだけど。

 

 

 

 

 

 

だから、大学は

 

 

想像していたような

 

 

医療、とか難病とか

 

 

 

研究からは全く離れてしまったのです。

 

 

 

 

 

 

 

浪人する覚悟もなくて、

 

 

理系から文系に文転してた。

 

 

 

 

 

 

そこで、

 

 

自分にとって何か ワッ!

 

と向き合えたものが

 

 

一瞬で消えてしまったような気がして

 

 

 

 

 

しばらくどうしたらいいのかわからなかった。

 

 

 

 

 

 

正直大学生活は、

 

 

 

 

友達と楽しんで

 

 

 

とりあえず単位が取れればいいや、

 

 

 

 

 

そんなふうに思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、高校生の時に

 

 

 

 

イオンモールでくじを引いたら

 

 

 

 

乗馬体験チケット

 

 

 

 

をもらって、

 

 

 

 

 

もともと乗ってみたかったから

 

 

 

 

行ったんです。

 

 

 

 

 

 

クラブは高すぎて入れなかったんだけれど、

 

 

 

 

 

 

それがきっかけですごく乗馬したくて.....

 

 

 

 

 

 

それで、

行った大学に、馬術部があったから

 

 

入ったんです。

 

 

 

 

 

もともと動物好きだったのもあって

 

 

 

 

 

厩舎に行って馬を目の前にした瞬間

 

 

 

 

 

「私は入部する!!🤩」

 

 

 

 

と決めたのです笑

 

 

 

 

 

 

 

 

なにせ、伝説のスピード入部、

 

 

 

見学した翌日に入部決定(新入生入部期限ギリギリだったので)

 

 

 

という謎の行動に出るくらいですので笑

 

 

 

 

 

そんなこんなで

 

 

大学で

勉強する意味がわからなくて

 

 

でもとりあえず

 

 

部活に入ったから毎日忙しい、

 

 

 

そんな日々が始まりました。

 

 

 

 

せっかく

何か向き合えるものがあったのに

 

 

 

 

 

 

私には向いていなかったのかな?

 

 

 

 

 

他人任せにはできないけど

 

 

きっとおんなじような人が

 

 

医者とかで頑張っているだろうから

 

 

 

私なんかが治療法なんて

探せるわけないし

 

 

探さなくていいや

 

 

 

なんて思ってしまっている自分もいました。

 

 

 

 

それが運命なのかな〜

 

 

 

次はなにを追いかければいいんだろう。

 

 

 

 

そんなふうに頭をかかえていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、私はこの後どうする....????

 

 

 

 

 

 

 

 

 

——————-つづく—————-

 

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとうございます😊

 

 

 

 

 

-Reina

 

 

 

 

 

自分自身の”こころ”を大切にしよう

 

 

こんにちは。

 

日本語の方が遅くなってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は割と簡潔に行こうと思います!

 

 

 

長々と書いても読みづらいので......

 

 

 

 

まず、みなさんにはこんな動画を見て欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語字幕しかないのでお伝えするのが難しいかもしれませんが、ぜひ見てみてください👀

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この動画と直接関係がないのですが、

 

 

 

 

せっかくインスピレーショナルスピーカー、ジェイさんの動画を見ていただいたので.......

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、私たちはスマートフォンやインターネットがものすごく身近にあります。

 

 

 

 

 

 

 

良くも悪くもたくさんの情報を収集できますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、いい意味でのお話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにがいいかって、

 

 

こうやって色々なすごい人や、

たくさんの経験者の方から、

 

 

 

 

勇気が出るような体験談を聞くことができる。

 

行き詰まった時、

 

 

 

 

 

 

この人たちならこう考える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選択肢を与えてくれるかもしれない。

 

 

 

 

 

圧倒的にこの2.30年で、世界は大きく変わっている。

 

 

 

 

急速に急激に。

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんな仕事や細かいことはコンピューターができるようになっている。

 

 

 

 

 

 

それと同時に、今の親世代が私たち若者と同じ年齢であった時は

 

 

 

 

 

 

こんなに複雑ではなかったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと同時に、先ほども話したように、

 

 

 

 

気軽に色々な偉人の体験談を聞くことができる。

 

 

 

自分が子供だった頃は、周りの大人と接する機会も少なく、

 

 

 

唯一自分の両親が

一番近いところにいる

 

 

 

 

 

”大人"

 

 

 

 

 

だからずっと、自分の両親が正しいと思って生きていく。

 

 

 

正しいと思わされているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、大学生にもなれば、社会は自ずと見えてきて、

 

 

 

自分の価値観

 

 

 

というものが芽生えてくる。

 

 

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

 

あれ?

 

自分の両親がいつも正しいとは限らないんだ。

 

 

 

 

 

私は私で彼らと違う意見、価値観がある。

 

 

 

 

 

 

そう思う瞬間があるのです。

 

 

 

 

そして、それは悪いことではなく、

 

 

 

 

 

より一層この時代の流れでそれが

濃くなってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの頃とは違う。

 

 

 

 

 

いい意味で、刺激がたくさんのところからもらえる。

 

 

 

 

 

でも、ここで一つお伝えしたいのは、

 

 

 

 

いくらコンピューターや機械、インターネットがすごくても、

 

 

 

 

こころ

 

 

 

 って操作できない、ってこと。

 

 

 

 

だから、こころのケアは大事。

 

 

 

 

 

 

自分を大切にすることが

 

 

思っているより

 

 

 

重要なことなのです。

 

 

 

 

 

 

 

なにが言いたいのか、予想はついていると思いますが

 

 

 

 

ホースセラピーっていいよ!

 

 

 

 

って伝えたい。

 

 

 

 

 

ぜひ暇な時に

 

 

馬の世話、グルーミング、乗馬、

 

 

 

なんでもいいです。

 

 

 

 

してみてね。

 

 

 

 

 

これからもっともっと、

みんなの心のセラピーは重要になってくると思います。

 

 

 

 

 

だから私は大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

これからもどんどん勉強していかねば!

 

 

 

 

 

 

 

読んでくれてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

それではまた🌿

 

 

 

 

-Reina

 

 

 

 

 

 

 

 

なにが言いたいのかと言うと、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Take care of yourself “mentally”

 

 

Hello, this is Reina.

 

 

 

I started this blog since I was studying at CSU from last year.

 

 

 

 

It’s been a long time since then but......

 

 

 

 

 

Currently, I’m taking a semester/year off from a lot of reasons, but I’m going to share you all , a lot of things !!

 

 

so please stay tuned

 

 

 

 

 

Anyway for today,

first of all, I want you all to watch this video by Jay Shetty.

 

https://www.facebook.com/JayShettyIW/videos/279431152887487/

 

 

 

He’s an amazing speaker , and you know that.

 

 

 

We  all have a chance and opportunity to know and get a lot of information from the internet these days.

 

 

It could be bad sometimes, but this time I’m telling you this as a good example.

 

 

Why I came up to this topic?

 

Its because, I fight and argue with my parents a lot. Like A LOT.

 

And this is because, they have this own view for the society based on how they’ve lived there life for like 50 years.

 

 

And ofcourse I am not telling you that, 

they’re wrong .

 

 

But when you were a little kid, the adults you most see and talk is your parents.

 

 

and they tell you about the world, what is right and wrong .

 

How to deal with this and that.

 

 

So you believe they are the right one, when you make decisions, and when you’re struggling.

 

But when you grow up and start to live alone , meet with a lot of people from different places and have more time spending with lots of adults or older friends, you’ll notice.

 

 

“They’re not always right.”

 

and guess what.

 

 

When you realize it and have your own opinion and thoughts, it sometime makes it hard for your parents to understand you.

 

Because we became outside of their thoughts . or the area that they thought we are going to be.

 

 

Right now, I’m not talking about any specific things about this video you’ve just watched.

 

 

But it’s because we are more easier to see inspirational video, encourageable news, and a story like Jay shares or a lot of famous people share.

 

 

 

They didn’t have that opportunity when they’re our age.

 

 

We are able to feel and know more things that we didn’t realize.

 

 

Thats why we have a lot of different values or ideas.

 

More than the past young people.

 

 

Its obvious that we think more than people in the past because a lot of things are changing extremely fast and incredibly in this 20-30 years.

 

 

 

 

It could be because I’m a little bit different , like to challenge more and do a little weird things ....

( hahaha I mean a little special things? I guess)

 

 

 

 

 

So, the point is that

 

 

We have a lot of opportunities to grow us more , more than you know .

 

 

And it’s a good thing!

 

And I like to watch these videos so that I can have a lot of perspectives.

 

 

 

 

Well, however , I don’t know how to convince my parents to let me study in the U.S. and work overseas.

So if you have any suggestions to persuade my parents, please comment.

(I actually really need help ! 😂)

 

 

 

——————————————————

Anyways !

 

 

The main topic of this blog is to Take care of your self mentally .

 

 

What do I even want to say?

 

about horses?

 

 

of course !!

 

 

But wait.

 

 

The reason I posted Jay’s video is that

I thought this video also tells you how we should live “as a human” from now on.

 

 

These days, a lot of people says that

 

 

 

 

Most of the job will be taken by computer in few years” 

 

 

 

 

and yes, already, bunch of jobs and work is overtaken by computers and robots as known as AI.

 

 

We don’t need a paper map and a compass to go to that store 3miles away.

We can just open up the google map and navigate it.

(unless if you have enough battery!)

 

 

Teachers doesn’t always have to be in the classroom to teach highschool math for college students.

They can just do some work on online or watch lectures and take exams online.

 

You can take the best professors lecture online even if youre not in that classroom.

 

 

......

 

and this one one lady who was my highschool teacher told me the reality.

 

 

”It is true that computer is taking our jobs soon, students studies more effective on online than study from us”

 

 

 

and we discussed about about how if computer took all of the School work, will be not good for a lot of young people.

 

 

 

We would not going to have a place to “LEARN”.

 

 

Its not where we learn “math” or “ science”.

 

 

LEARN about yourself, other people, and life.

 

 

Out thoughts , ideas, and perspective , a lot of things that our wonderful brain creates is the thing that computer can’t copy.

 

 

 

So, by watching this video, it just reminded me how it’s important to learn about life , how to deal with life and yourself.

 

 

 

everyone will have hard times. 

 

 

 

because I value the time of being painful, I think taking care of yourself (ofcourse people around you too but first you)

Is the important thing while you live.

 

 

 

And that’s what “computers” can’t control, ”Ideal” can’t “fit in”.

 

 

you know, nobody is same.

 

 

that’s why, differences is important when you think about it mentally.

 

 

 

and probably you know what I want to say......

 

 

 

Equine assisted therapy will help you!!!!

 

 

 

Lets go ride horses, let’s go feed horses, when you’re stressed, overwhelmed and sad.

 

 

Or ANYTIME!!

 

 

 

 

I know therapy will going to be very important very soon in the future for all of you.

 

 

 

 

 

 

Take cake of your self !

 

 

oops, miss-spelling .

 

 

 

Take care of yourself “mentally” !

 

 

 

 

 

 

Thanks for reading.

 

See you soon!

 

 

 

 

-Reina

 

 

 

 

 

オシラセ📢

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

このブログを開いてくださり

 

ありがとうございます😊

 

 

 

 

 

 

 

色々多忙な日々が続き、気付いたら

日本に帰国していました。ワオ

 

 

 

 

 

そして、突然ですが、、、

 

 

 

 

これからこのブログを

もっと詳しく頻繁に更新していく上で、

世界の人に発信できるように、

英語でも表記していこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

英語が苦手な方は、日本語版もあるのでどちらもチェックして見てくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本語と英語の2パートを別カテゴリーで投稿して行くので、

 

 

 

 

 

 

あ、この記事は英語で読みたい。

 

 

 

 

と思ったり、

 

 

 

この記事を世界の人や、知り合いの海外の人にシェアしたい!

 

 

 

 

と思ってくださった場合はぜひ、

英語版の方をシェアしてみてください☺︎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、何よりこれからもぜひ、

こちらのブログを見ていただけると

凄く嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、馬ブログ再開です🐎

 

 

 

 

それではまた次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-Reina

 

 

 

 

 

“トレイラー(馬運車)”から見る馬文化

こんにちは。

まずこのブログを開いていただきありがとうございます。

 

 

一つ目の記事は、

馬運車の観点からの馬文化について話したいと思います。

 

 

————————————————-

 

 

 

 

実は今日、授業でトレイラーについて学び、そこで気づいたことがあったので一つ目の記事としました。

 

 

 

 

皆さん、馬関係者の方々、どのようにして馬運しますか?

 

 

 

 

 

どうやって馬を連れて移動しますか?

 

 

 

 

 

 

90%の日本の馬運車は、いわゆる馬バス。

大型のバスのような感じです。

機会型、そして大型トラックといった感じでしょうか?

 

それに対してアメリカではほとんどが、

トレイラーと言われるもので馬を運んでいます。

 

 

 

 

 

 

この違いのまず根本的なところは、

日本は馬といえば、競馬文化が根付いているからなのでしょうか?

(また後ほどここには触れます)

 

 

 

そもそも、アメリカで使われているトレーラーは ベッド付きのトラックに接続されたもの。

 

 

 

 

日本ではほとんど普及していないようなford などが主流です。↓

 

f:id:unicornblg0308:20180322050858j:image

 

 

その原因というのでしょうか、理由としては日本は道が狭いので、フォードトラックなどは普及しないそうです。

 

また逆にこれがとても人気なのはアメリカが特別。土地も広く、長旅やキャンピングなどが一般的に行われるからでしょうか。

 

 

 

日本でトラックといえば軽トラックや農業用トラック(あの白いやつ)、もしくは高速道路をゴーゴーと走るあの大きな四角い鉄の塊のイメージ。

 

 

 

 

アメリカではこのトラックは珍しくなく、自家用車として乗っている人がほとんどです。そして、馬関係者もこれにつなげて馬を運ぶことができるのです。

 

 

 

なんといっても、日本でいうトラックと、アメリカのトラックのイメージが違いすぎて.....アメリカのトラックかっこいい!と思ったりもします。笑

 

 

 

それはさておき、それぞれにもちろんデメリット、メリットがあると思います。

 

 

 

しかしながら、

日本の馬運車のデメリットと言うのでしょうか。いくつか、ここを変えたら大きく馬業界も変わるのではないか?と思ったのです。

 

 

 

 

[日本の馬運車]

 

まずデメリットを上げていこうと思います。

 

•高価格である(馬運車自体、メンテナンスを含めても)

•機械内蔵のためメンテナンスや修理が頻繁に必要となる

•中型、大型免許所得が必要となる

•ガソリン代が通常車よりかかる

(アメリカ仕様トラックと完全には比較できないのでわかりません、アメリカのピックアップトラックも燃費が悪いです)

 

 

 

しかしながらメリットというか、日本らしさがあるのは、敷居が高いことで逆に慎重に馬輸送ができる、ということでしょうか。

 

自馬であれば基本的には自己責任なのですが、例えば乗馬クラブや競馬業界では、たくさんのお金をかけてでも馬を運びたい人もいる。

 

運転する人が、きちんとした専用の免許を持っていたりする事で、ある意味、

どんな人でも運転できてしまう、という状況を防げる。

 

 

誰かに任せる場合は、きちんとした人に運転してもらいたいものです。

 

(もちろんトレイラーを運転するにもコツや、重量制限のための申請等ありますので当然運転して事故、などということは極力防ぐような対策はアメリカでもあるはずです。)

 

 

 

 

そして何より、デメリットを今回強調させていただいたのは、

 

このような理由で、

私は

 

馬運車を運転する=馬を移動させるのが一苦労、

 

 

 

 

たとえ一頭だけ移動したり、連れ出したりしたくても、一苦労。

 

 

 

 

お金も、時間も、労力もかかるのです。

 

 

 

 

 

つまり、馬を移動させることや馬を連れて移動することに抵抗があり、また気軽に行えないということが前面に出てきます。

 

 

 

 

 

 

そもそも、アメリカは馬が身近であること、先ほども述べたように、キャンピング、トレッキング、などのレジャー関係が圧倒的に多いことが トレイラーやトラックの違いを生んでいるのだろうとも思います。

 

 

 

 

 

 

 

ところで、自家用車としてこのようなピックアップを日本で普及させることは無理に近く、必要性も感じられません。

 

 

 

しかしながら、このトレイラー文化、

トラック文化を馬業界で普及させて行くと、もっと気軽な輸送が行えたり、

馬社会の循環を良くする一つの手段のなりえるのではないだろうか?

と思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

答えはない。

 

 

 

 

 

 

 

そして、アメリカ車を輸入等して全国の馬社会へ広めるにも時間もスタートの労力は必要。

 

 

 

 

 

貿易摩擦でもめている輸出車の代わりに、馬業界にピックアップを売りこむことで少しは軽減できないかなと思ったり..???

(そんな簡単な話ではないですがアメリカにとってはいい話?笑)

 

 

 

 

 

 

 

馬業界が少しでもスムーズになり、

そして競馬=リッチ

なところから生まれたであろう、

ラグジュアリー的な馬運車から

もっと身近な馬運搬ができれば、

もっと馬が身近になるのではないだろうか?と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

このように、移動手段などからも、お金や馬文化を比較したりと

様々な観点から馬業界を見ていきたいと思っています。

 

 

 

 

 

 

ひとまず、この記事はここまでとさせていただきます。

 

 

 

 

まだまだ未熟、知らないこともわかっていないこともたくさんあるとは思いますが、自分の中で収集情報を考え、消化して、記事にしていこうと考えています。

 

 

 

あまり深い記事ではなく、気軽にこんなアイディアはどうだろうか?と言った考えを記していこうと思っていますので、

気軽にコメントなどもぜひお願い致します🌟🐴

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、また次の回で。

 

 

 

 

 

-Reina